旭洋造船ロゴ 旭洋造船株式会社
Kyokuyo Shipyard - RORO cargo carrier S500
ホーム&ニュース
旭洋の特長
コンテナ船
各種タンカー
各種タンカー
冷凍船
他船型
設備
会社概要
Kyokuyo Shipyard - RORO cargo carrier S500

この度の東北地方太平洋沖地震で被災された皆様には心よりお見舞いを申し上げます。皆様のご安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

なお、弊社の状況につきましては、地震および津波による被害はなく、通常通りの営業・操業を行わせていただいております。

旭洋造船株式会社 代表取締役社長 越智勝彦

news138 : S500進水・S501起工Kyokuyo Shipyard - RORO cargo carrier S500

2011年7月6日、欧州船主殿より発注を戴いた、6,600dwt RORO船シリーズ4隻の初船、S500番船が進水を行いました。旭洋造船設計のRORO船としては、1995年に建造した内航のRORO船以来、16年振りの建造です。ヨーロピアンタイプのスッキリとした外観デザインのみならず、欧州の最新ロジスティックの動向を様々なところに取り入れた魅力あふれる船型となっています。

本船はタンクトップ、メインデッキ、アッパーデッキの3層デッキからなるスリーデッカー。上部2層のデッキ上にはコンテナ2段積みの重量物が積載可能、メインデッキのクリアハイトは7.0mで、船尾ランプからは、およそ船幅の寸法のサイズの重量物が積載可能です。さらに操船性能を上げるために、バウとスターンにスラスターを装備しており、当社が初めてバラスト水処理装置を積載する船でもあります。

Kyokuyo Shipyard - City of St. Petersburg, Eco-friendly Car CarrierS500番船はこれから艤装工程に入り、本年10 月には船主殿に引き渡される予定です。

この翌日、7月7日には、続く2番船 S501の起工式が執り行われました。常駐されている海外からの監督さんは、神道による日本独特の静かな起工式にとまどわれながらも、楽しそうに玉串を奉じていました。

久々のRORO船建造に、盛夏の到来とともに、社員一同汗だくで頑張ります。[2011/07/24]

人材募集のお知らせ

旭洋造船では、ただいま人材を募集しています。詳細は求人情報のページをごらんください。

夏休み中の営業案内
夏季休暇中の旭洋造船スケジュールは以下の通りです。ご了承下さい。
calendar : we will be closed on Aug 13, 14, 15 and 16.


home > news > news 138 : S500進水・S501起工


   
旭洋造船株式会社