旭洋造船の歴史

追い風も、嵐もありました。旭洋造船のここまでの航海を振り返ります。

HISTORY TIMELINE

  • 1942/10

    彦島で創業

    有限会社彦島造船所として創立、船舶の建造修理をはじめる。
  • 1945/05

    株式会社化

    組織を株式会社に変更。
  • 1956/07

    合併に伴う社名変更

    村上鉄工株式会社を合併し、社名を村上造船鉄工株式会社と改称する。資本金1,050万円。
  • 1961/07

    旭洋を名乗る

    社名を旭洋造船鉄工株式会社と改称する。
  • 1962/12

    工場設備近代化

    資本金2,100万円に増資。工場設備近代化を実施。1,000G/Tまでの船舶建造が可能に。
  • 1969/12

    長府工場建設開始

    船舶の大型化に伴い、下関長府(現本社工場)に60,000m2 の土地を確保し、3,000G/T 建造ドック及び 3,000G/T 修繕ドックを備えた新鋭長府工場の建設に着手する。
  • 1970/06

    増資

    資本金5,000万円に増資。
  • 1971/06

    長府工場完成

    長府工場完成。
  • 1972/01

    彦島より長府に移転

    本社を彦島より長府へ移す。
  • 1973/09

    建造能力増強

    長府工場建造ドックの最大呼称能力を 3,000G/T から 4,500G/Tへ。
  • 1975/06

    建造能力増強

    建造ドック12,500総トン及び修繕ドック 5,200総トンへと能力拡張を行う。あわせてクレーン等の生産設備を強化する。
  • 1977/12

    会社更生法適用を申請

    会社更生法適用を申請。
  • 1980/03

    会社更生計画許可決定

    会社更生計画許可決定。
  • 1980/03

    建造能力削減

    定不況産業安定臨時措置法に基いて、建造ドックの能力を8,700総トンに削減。
  • 1980/07

    減資

    更生計画認可に伴い減資を実行。資本金500万円に。
  • 1984/06

    社名変更

    社名を旭洋造船株式会社と改称。
  • 1985/02

    増資

    資本金3,000万円に増資。
  • 1988/03

    建造能力削減

    特定不況産業安定臨時措置法に基いて、建造ドックの能力を 4,999総トンに削減。
  • 1991/10

    修繕ドック拡張

    修繕ドック拡張工事完成。
  • 1991/11

    修繕能力拡張

    修繕ドックの最大呼称能力を 5,200G/T から 6,900 G/Tに変更。
  • 1992/09

    会社更生完了

    会社更生手続き終結が決定。
  • 1992/12

    全天候型ブロック工場完成

    全天候型ブロック工場が完成。及び NC プラズマ切断機導入。
  • 1993/07

    建造能力拡大

    建造ドックの最大呼称能力を 4,999 G/Tから 5,999 G/Tに変更。
  • 1996/03

    増資

    増資を行い、資本金を 6,000万円に。
  • 1997/06

    建造能力拡大

    建造ドックの最大呼称能力を 6,500G/Tに変更。
  • 2000/03

    ISO 9001 取得

    ISO9001(国際標準化機構)認証を取得。
  • 2001/01

    建造能力拡大

    建造ドックの最大呼称能力を6,500G/T から 9,300G/T に変更。
  • 2002/06

    役員が若返り

    役員の若返り人事実行。社長が岡本偕一に。
  • 2005/06

    新役員人事

    新役員人事。
  • 2005/06

    新造船ドック囲壁工事完了

    新造船ドック囲壁工事完了。
  • 2005/07

    自家発電施設稼働

    Stacks Image 55748
    コジェネ自家発電施設が稼働。
  • 2005/09

    ブラスト工場完成

    全天候型ブラスト工場完成。
  • 2008/07

    執行役員制導入

    越智勝彦が社長就任。執行役員制を導入
  • 2009/12

    120トンクレーン新設

    Stacks Image 55746
    120トン吊りジブクレーンを新設、稼働開始。
  • 2010/04

    3次元造船設計システムの導入

    3D造船設計システムを船殻設計へ本格導入。
  • 2011/01

    世界初の球状船首船竣工

    Stacks Image 55744
    独自開発による世界初の球状船首を備えた CITY OF ST. PETERSBURG が竣工。
  • 2011/05

    SHIPPAX AWARD 受賞

    世界初の球状船首船が SHIPPAX AWARD の RORO 外観部門賞を受賞
  • 2011/06

    日本シップ・オブ・ザ・イヤー2010を受賞

    Stacks Image 55742
    独自開発による世界初の球状船首を備えた CITY OF ST. PETERSBURG が、ニホンシップ・オブ・ザ・イヤー2020の大賞を獲得。
  • 2012/06

    海外で初の命名式

    RORO 貨物船 CAPUCINE の命名式をロッテルダムで挙行
  • 2012/07

    新オフィス棟が竣工

    Stacks Image 55740
    旭洋造船のメインオフィスを建て替え、竣工。
  • 2015/07

    内業工場を一新

    Stacks Image 55738
    内業工場のレイアウトを変更し、機器類を一新。
  • 2016/07

    球状船首船「なとり」が物流環境賞を受賞

    世界初の球状船首コンテナ船「なとり」が、物流環境大賞の「物流環境負荷軽減技術開発賞」を受賞。
  • 2016/07

    球状船首船「なとり」がシップ・オブ・ザ・イヤー部門賞を受賞

    Stacks Image 55734
    世界初の球状船首コンテナ船「なとり」が、シップ・オブ・ザ・イヤー2015の小型貨物船部門賞を受賞。
  • 2018/07

    増資

    資本金1億円に増資。
  • 2020/01

    三井哲夫が内閣総理大臣賞を受賞

    Stacks Image 55758
    旭洋造船の設計部門を統括する三井哲夫が、ものづくり日本大賞において内閣総理大臣賞を受賞。
  • 2020/05

    配管倉庫を新設

    Stacks Image 55730
    配管倉庫を新設、竣工。

NAVIGATE FURTHER...

Stacks Image 3
私たちについて
My image
旭洋の設備・施設の紹介
My image
アクセス情報
kyokuyo's factory
旭洋を選ぶ理由
custom order
理念とバリュー
Stacks Image 3
スポーツ活動
Builder of Advanced Merchant Ships

KYOKUYO SHIPYARD CORPORATION

〒752-0953 山口県下関市長府港町8-7
© 2002-2022, Kyokuyo Shipyard Corporation