定評ある設計能力

旭洋を、旭洋たらしめている原動力、設計能力についてご紹介します。

設計能力の高い、造船所。

My image
My image
My image
My image
My image
My image
My image
My image
My image
My image
My image
My image

日本で、世界で、旭洋造船はどのように思われているでしょうか。「変わったプロジェクトに取り組む会社」「船首の丸い船を開発した会社」「大きな船は造らない会社」色々なご意見があると思います。しかし、アンケートをとれば「設計能力が高い」という意見が上位に来ることに、間違いはありません。

世界初の球状船首はもとより、RORO機器を全電動化した北欧向け自動車船。内航最大のコンテナ船。クラス最大の開口幅をもつオープンハッチMPC。冷凍コンテナ専用運搬船。我々は、挑戦者として、数々のチャレンジングなプロジェクトにかかわり、結果を出してきました。そのベースとなっているのは、技術者としての発想と、研究や検査といった地道な努力、そして開発力を重視する会社の姿勢です。

ニッチターゲット、プロダクトミックスといった我々のストラテジーは、高い設計能力と、デザインを実現する高い工作能力を前提としています。これからも旭洋造船は、小粒でも辛い、設計能力の高い会社として、先進的な船舶を市場に提供して行きます。

そして、脱炭素社会への試み。

My image

旭洋造船は、脱炭素社会に向けたひとつのステップとして、当社の特許技術・球状船首を備えつつ、さまざまな船種や燃料に展開が可能な「3セグメント船」というコンセプトを考案。日本財団による「先進船舶の開発・実証助成プログラム」として採択されたことを踏まえ、まずはガス焚きエンジンを搭載した LPG運搬船を対象船として開発を開始しました。小型商船では経済性の観点からゼロエミッション船の実現は難しいと言われておりますが、まずは力強く第一歩を踏み出しました。

今後も舶用機器メーカーの皆さまと連携をとりながら、環境問題にも積極的にコミットし、具体的なソリューションとして提示することで、お客様のニーズにあった船型開発に取り組んでゆきます。

KEY POINTS

  • 定評ある高い設計能力
  • 自社設計で柔軟な対応を実現
  • オリジナルの新船型開発に多くの実績
  • 同クラス他社より多い設計・工作スタッフ
  • 旭洋造船の生命線

FEATURED SSS-BOW DESIGNS

Stacks Image 3
世界初、球状船首を備えたハイテクセメント船。

KIYOYASU MARU

12,000TDW SSS-B CEMENT CARRIER BLT 2016

Stacks Image 5
世界が驚いた球状船首、シップオブザイヤー受賞船。

CITY OF ST.PETERSBURG

2,000UNITS SSS-B PCC BUILT 2011

Ship of the Year
Stacks Image 6
内航史上最大。常識を塗り替えた球状船首コンテナ船。

NATORI

670TEU GEARLESS CONTAINER CARRIER BLT 2015

Ship of the Year Category Winner

SHIPBUILDING NEWS

「生きる道はグローバルニッチ」

旭洋造船の特集記事が COMPASS に載りました!

NEWS 291 : MAY 2022

My image
全員が、成人男性!

12人が旭洋造船に入社

NEWS 290 : APRIL 2022

My image
最新型超低温冷凍船、台湾へ

205,000ft3冷凍船「YOUTA MARU」命名引渡し

NEWS 288 : MARCH 2022

(本物の船で)社員参加型進水式!

当社発注によるタグボート「洋丸」小門造船鉄工で無事進水

NEWS 287 : APRIL 2022

NAVIGATE FURTHER...

Stacks Image 4
独創の球状船首 SSS-BOW
Stacks Image 4
私たちが建造してきた船
kyokuyo's factory
旭洋を選ぶ理由
kyokuyo's products & service
製品・サービス概要
My image
旭洋の修繕と改造
Stacks Image 3
私たちについて
Builder of Advanced Merchant Ships

KYOKUYO SHIPYARD CORPORATION

〒752-0953 山口県下関市長府港町8-7
© 2002-2022, Kyokuyo Shipyard Corporation