コンテナ船

旭洋造船の代名詞、世界の海で活躍するコンテナ船を紹介します。

これが、フィーダーのスタンダード。旭洋のJAPANMAX。

Stacks Image 56378
Stacks Image 56380
Stacks Image 56382
Stacks Image 56384
Stacks Image 56386
Stacks Image 56388
Stacks Image 56390

近年の海上貨物輸送の歴史は、コンテナ化の歴史でもあります。初めて20フィートの海上コンテナ規格が成立したのは1968年に過ぎませんが、現代では世界の津々浦々まで、様々なカーゴが当たり前のようにコンテナで輸送されており、コンテナのない海上輸送の世界は想像もできません。

少しでもたくさんのコンテナを、速く、合理的に、そして経済的に輸送すること。年々高くなる内外各船社の仕様に対し、旭洋造船は、船を設計する上での3大要素である"3S" <SPEED - STORAGE - STRENGTH> のブラッシュアップに絶え間なく先進技術を投入することによって、国際的に定評あるコンテナ船建造ヤードとしての地歩を固めてきました。

私たちの主力製品は、総トン1万未満のジャパンマックス。

日本はもとより、中国、台湾、韓国、シンガポール。アジアのオペレータの皆さまからの絶大なご信頼と支持をいただき、「旭洋造船のジャパンマックス」は、ハブ港から地方港、あるいは地方港間のコンテナ輸送を担うフィーダーとして確固たる地位を築き上げました。第一船が竣工した2000年以降、私たちが製造した船舶のうち、隻数ベースで約1/3がこのタイプ。東アジアの物流を支える製品と自負しています。

絶え間ない技術革新でつかみとった、確かな実績。

私たちのジャパンマックスは、1996年建造のCOSCO向け764TEU型が第一船。その後、旭洋が誇る設計陣の絶え間ない努力により、全長や総トンなどのサイズはほぼそのままに、積み個数の拡大と省エネ性の拡大という相反する分野をはじめ、全方向で改良を重ねています。

またその間、各国のお客様からの貴重なアドバイスやフィードバックを製品に還元。ノンシーケンシャルハッチカバーの採用、視界と高積載率を両立させるタワー型ブリッジ、荒天時運航を想定した船首形状、燃費効率の向上や最適な船体構造の開発に加え、高効率プロペラや冷凍コンテナ搭載数のアップなど、蓄積・投入されたノウハウは他社の追随を許しません。

また、EEDI Phase3 などの最新規格対応のほか、水流の最適化をはかる各種フィンやプロペラキャップの採用にも実績があり、常に時代の要請に基いたアップデートを行っています。

そして内航物流を、ひとつ上の次元へ。

Stacks Image 56323

旭洋造船では、井本商運株式会社様より建造の機会をいただき、次世代型球状船首ブリッジを採用した大型内航コンテナ船を建造しています。海外からの発注を通じて蓄積したコンテナ船建造のノウハウを、内航船として史上最大のサイズをもつシリーズに投入。また、高効率プロペラや低燃費塗料の採用をはじめ、省エネおよびGHG削減技術もふんだんに採用し、従来の内航船とは一線を画す製品を誕生させました。

第一船「なとり」は、大胆なデザインもさることながら、技術革新・輸送効率化の両面において環境負荷軽減を実現したことが高く評価され、物流環境大賞・物流環境負荷軽減技術開発賞を受賞したほか、ジャパン・シップ・オブ・ザ・イヤーの小型貨物船部門賞も獲得しています。

KEY POINTS

  • 最大約 1,100 TEU(ギアレス)
  • ギアレスまたはギアード
  • 東アジア・とくに日中間のコンテナ物流を支える当社の主力商品
  • 豊富な建造経験
  • 有力オペレータとの実績を通じて還元された数々のノウハウ
  • 仕様の詳細やカスタマイズについてはお問い合わせ下さい

STATISTICS

1984年以後に旭洋造船が建造したコンテナ船の統計です。性質上、厳密なものではありませんのでご了承下さい。

FEATURED CONTAINER SHIPS

Stacks Image 3
内航史上最大。常識を塗り替えた球状船首コンテナ船。

NATORI

540TEU SSS-B CONTAINER CARRIER BUILT 2016

Stacks Image 16
2021年就航、最新鋭のジャパンマックスフィーダー。

STRAITS CITY

1,096TEU GEARLESS CONTAINER CARRIER BLT 2021

Stacks Image 4
東アジアの物流を支える旭洋造船の主力コンテナ船型。

TS KOBE

1,081TEU CONTAINER CARRIER BUILT 2020

COSCO KIKU
旭洋の技術が実現した、類を見ない冷凍コンテナ運搬船。

COSCO KIKU

542TEU FULL REEFER CONTAINER CARRIER BLT 2002

HANJIN SEMARANG
寄港地を選ばない。クレーンを二基搭載したコンテナ専用船。

HANJIN SEMARANG

845TEU GEARED CONTAINER CARRIER BLT 2008

CONTAINER CARRIER NEWS

My image
その次の挑戦に向けて

新型球状船首船の建造を開始

NEWS 281 : DECEMBER 2021

Stacks Image 182
三カ国を結ぶリモート式典

コンテナ船 SUNNY IVY 命名・引渡し式

NEWS 272 : APRIL 2021

My image
青に溶け込む青

1,096TEUコンテナ運搬船 TS YOKOHAMA 命名引渡式

NEWS 257 : DECEMBER 2019

My image
小学生も大興奮!!

1,096TEUコンテナ船 TS SHANGHAI 命名・引渡式

NEWS 255 : OCTOBER 2019

NAVIGATE FURTHER...

Kyokuyo's Gas Carrier
旭洋のガス運搬船
Kyokuyo's Reefer Boat
旭洋の冷凍貨物運搬船
Kyokuyo's Cement Carrier
旭洋のセメント船
Stacks Image 3
定評ある設計能力
Stacks Image 4
独創の球状船首 SSS-BOW
Stacks Image 3
私たちについて
Builder of Advanced Merchant Ships

KYOKUYO SHIPYARD CORPORATION

〒752-0953 山口県下関市長府港町8-7
© 2002-2022, Kyokuyo Shipyard Corporation