m.v. YUTAKA MARU NO.8

4,300TDW CEMENT CARRIER BUILT 2013

荷役装置はハイブリッド。省力化技術を駆使した新世代船。

YUTAKA MARU NO.8 PLAN

第八ゆたか丸は、黒姫丸以来、旭洋造船が約10年ぶりに建造したセメント船です。本船は積荷は機械式のシステムで行う一方、揚荷は機械式および圧送式の両システムを備えた仕様となっています。

最新鋭のセメント船として、さまざまなハイテク設備を備えているのも本船の特徴です。

  • 港湾や狭水域で超低速下における操船のためバウスラスター+シリング舵、主機船尾側スリッピングクラッチ装備を搭載
  • 推進効率向上のため省エネフィンを採用
  • 主機関前端から取出した動力により荷役用空気圧縮機及び軸発電機を駆動
  • 軸発電機はオメガクラッチ(増速機に内蔵)により主機関の回転にかかわらず主ディーゼル機関駆動の主発電機と並行連続運転が可能
  • 操舵室にはワンマンブリッジ型コンソール、電子海図情報表示装置、23インチ表示レーダ及びGPS等を機能的に配置
  • 機関室には荷役と推進設備を集中監視/制御できる総合制御室を配置する他、無人化(M0)仕様に準じた設備を装備し、航海中のクル―の労力軽減及び安全航海に寄与
  • 複数のカメラ及びモニターによる可視遠隔の監視システムを搭載

LEADING PATICULARS

  • 4,300tdw 内航セメント船
  • NK NS*(CS) MNS* M0 n.f.
  • 航海区域:沿海(非国際)
  • LOA x BM x DM : 97.03 x 16.0 x 7.1m
  • 積荷機械式1000T / 揚荷機械式600T + 圧送式400T のハイブリッド荷役システムを搭載 注目
  • バウスラスター+シリング舵などによる高い操船性能 注目
  • 主機関の回転にかかわらず主ディーゼル機関駆動の主発電機と並行連続運転が可能 注目
  • 推進効率向上のため省エネフィンを採用
  • ワンマンブリッジ型コンソール
  • 無人化(M0)仕様に準じた設備を装備 注目
  • 赤坂 A38SR x 1 - 3,000ps MCO
  • 航海速力約12.5ノット
  • 竣工 2013年3月

PHOTO GALLERY

FEATURED CEMENT CARRIERS

Stacks Image 3
世界初、球状船首を備えたハイテクセメント船。

KIYOYASU MARU

12,000TDW SSS-B CEMENT CARRIER BLT 2016

Stacks Image 3
荷役設備はハイブリッド。省力化技術を駆使した新世代船。

YUTAKA MARU No.8

4,300TDW CEMENT CARRIER BLT 2013

CEMENT CARRIER NEWS

My image
球状船首そろい踏み

エントランスホールのモデルシップコレクション

NEWS 235 : JANUARY 2018

My image
世界初!12,000トン積み球状船首セメント運搬船

S531番船「清安丸」命名式

NEWS 215 : OCTOBER 2016

My image
S510番船命名引渡式

10年ぶりのセメント運搬船

NEWS 165 : APRIL 2013

My image
「PETRO COMBO」+「黒姫丸」引渡し

16,500tdwプロダクトキャリアと7,000tdwセメント船

NEWS 019 : FEBRUARY 2003

NAVIGATE FURTHER...

Stacks Image 4
私たちが建造してきた船
Kyokuyo's Cement Carrier
旭洋のセメント船
Stacks Image 4
独創の球状船首 SSS-BOW
Stacks Image 3
旭洋の高性能内航船
Stacks Image 3
定評ある設計能力
Stacks Image 3
私たちについて
Builder of Advanced Merchant Ships

KYOKUYO SHIPYARD CORPORATION

〒752-0953 山口県下関市長府港町8-7
© 2002-2022, Kyokuyo Shipyard Corporation