NEWS

20年以上にわたって記録している旭洋のライフログ。わたしたちはこういう造船所です。

QUICK FILTER

造船
企業
人間
下関
造船
企業
人間
下関
造船
企業
人間
下関
造船
企業
人間
下関
造船
企業
人間
下関

LATEST NEWS & ARCHIVE

NEWS 295 : 海に国境がないように

六か国目・今回はフィリピンからの総合職採用

現在、日本社会は少子高齢化が進行しています。このため、市場が縮小傾向に転じているだけでなく、労働力人口の減少や技術の承継問題など様々な問題も生じています。

NEWS 271 : インドネシアから新しい仲間がやって来た!!

「ザムさん」が船体設計部基本設計課に着任

12月1日付で船体設計部基本設計課にインドネシア出身のザムビリ アーマド ワショヤさん(ザムさん)が入社しました。

NEWS 259 : 三井専務が内閣総理大臣賞を受賞

第8回ものづくり日本大賞

このたび旭洋造船株式会社専務取締役・三井哲夫が、第8回「ものづくり日本大賞」内閣総理大臣賞を受賞しました!!

NEWS 244 : 三井専務が国土交通大臣表彰を受賞しました!

平成30年の「海の日」にあたり、当社専務取締役の三井哲夫が国土交通大臣表彰を受賞しました。三井専務は一貫して当社の設計畑を歩み、現在は設計部・品質保証部を管掌しています。このたび、一般財団法人日本船舶技術研究協会から照会を受けた一般社団法人日本中小型造船工業会の推薦をいただいたことが受賞につながりました。

NEWS 185 : 専務取締役 三井哲夫 九州運輸局長賞受賞

「発明、考案、改良、研究の功労」で

この度、弊社専務・三井哲夫が、みごと九州運輸局長賞を受賞いたしました。九州運輸局は、毎年海の日に海事関係功労者の表彰を行っていますが、この表彰制度には「有益な発明・考案・改良又は研究をなし、業界の発展に特に貢献した者」の項目があり、三井の受賞はこれに該当します。

NEWS 160 : 若手研修会 旭洋造船で開催

内航大型船輸送海運組合

2012年11月27日、国内大手内航海運会社26社で組織されている、内航大型船輸送海運組合の若手研修会が旭洋造船で行われました。この研修会は内航構造改善事業の一環として毎年開催されており、本年度は下関・北九州地区の海事関係施設をということで、旭洋造船に造船部門の候補として依頼があり快諾、実現したものです。

NEWS 136 : 設計部紹介<第三回>

今回は設計スタッフ紹介最終回です。近年は新入社員も増え、私達が入社した頃よりぐんと平均年齢が下がりました。設計の三次元化導入など、時代も変わっていく中で年長者から若手への技術の伝承も行なわれています。最後は私と同期のまゆみさんと一緒にご紹介したいと思います。

NEWS 130 : 設計部紹介<第一回>

みなさん、こんにちは。今回は旭洋造船設計部を、設計部デスクこと私 Mamiがご紹介します。設計部は大所帯のため、何回かに分けてスポット的に紹介する形になるかと思います。今回は第一回です。

NEWS 116 : 3D造船設計システム 船殻設計へ本格導入!

AVEVA Marine を導入

旭洋造船はこの度、日本の大中手造船会社でも数多く採用されていると共に、シェアを考慮すれば世界標準と言える3次元造船設計システム「AVEVA Marine」の導入を決定、AVEVA(アヴィバ)株式会社との間で契約を取り交わしました。

NEWS 112 : 省エネ型自動車運搬船船型を開発しました!!

球状船首を備えた自動車運搬船

平成22年1月27日付けの日本経済新聞(第15面)の記事をご覧になった方も多いと思いますが、旭洋造船は本年より新たに 2000台積型の自動車運搬船 (PCC) の建造を開始することになり、本シリーズで初めて採用する風圧抵抗を大幅に減らした画期的な省エネ型デザインの概要を発表しました。

NEWS 095 : 九州大学での船舶設計特別講義

「技術の創造と設計~新しい造船のカタチ~」

平成21年1月22日、福岡市西区にある九州大学伊都キャンパスにて、当社専務取締役の三井哲夫(昭和47年 広島大学工学部船舶工学科卒)が博士課程を含む35名の九大生を相手に約1時間の特別講義を行いました。

NEWS 088 : 設計棟完成!

周防灘を一望するワンフロア

この夏、事務所新館に設計棟として3階増築が完了し、NC課を除く設計部が大移動を行いました。

NEWS 087 : 新開発のRO/RO船 4隻受注!

PCTCの開発で蓄積した技術を応用

旭洋造船はこのたび、新型RORO船(ロールオンロールオフ型貨物船)4隻の受注に成功しました。この船型は、2005年より計6隻を受注してきた PCC および PCTC の開発において蓄積した技術・ノウハウを更に発展・応用させた新船型です。

NEWS 057 : significant {形} 特筆すべき、重要な

出版物に採り上げられた最近の旭洋製品

旭洋造船では最近三年にわたり、従来のコンテナ船・冷凍船と言った得意船型に加えて、ヨーロッパ船主向けに最新鋭のハイスペック多目的貨物船を建造してきました。従来、「標準的な」スペックの船舶を、高品質かつ競争力のある価格で提供することを得意としてきた私たち日本の造船所にとって、比較的未開拓の分野です。

NEWS 044 : 907TEU型コンテナ船型 "MARK II" 誕生!

徹底的にコンテナ搭載量を追求

当社専務、越智の年頭挨拶にもありましたが、今年度目標の3大テーマのひとつ、「更なる性能の向上」が具現化しつつあります。

NEWS 007 : 技術陣を紹介します

今回のニュースでは、当社の技術陣を紹介します。 旭洋造船では、一般的な「汎用船」ではなく、オリジナル設計による船舶の建造を指向し、さまざまな種類の船を製造してきました。

Page 1 / 1
2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
コンテナ船
ガス運搬船
冷凍船
セメント船
球状船首
施設・設備
Builder of Advanced Merchant Ships

KYOKUYO SHIPYARD CORPORATION

〒752-0953 山口県下関市長府港町8-7
© 2002-2022, Kyokuyo Shipyard Corporation