NEWS

20年以上にわたって記録している旭洋のライフログ。わたしたちはこういう造船所です。

QUICK FILTER

造船
企業
人間
下関
造船
企業
人間
下関
造船
企業
人間
下関
造船
企業
人間
下関
造船
企業
人間
下関

LATEST NEWS & ARCHIVE

NEWS 058 : 国際基準への先駆け「研掃工場」稼働中

IMO新塗装基準に完全準拠
新・研掃工場

既にご存知のように、IMO (国際海事機関) の第 81回海上安全委員会で、バラストタンクの新塗装基準が 2008年 7月 1日以降に契約される船舶から適用されることが正式に決まりました。かねてより造船業界への影響が大きい、特に制限された敷地内で造船を営んでいる中小型造船会社には事業存続をも左右しかねないと懸念されていたこの規制が遂に現実のものとなったわけです。

旭洋造船では、昨年度、設備投資計画の最重要項目として、この新塗装基準に完全準拠しうる研掃工場を完成させました。[ News052 ]

常にハイスタンダードな塗装処理を求める海外船主殿からの引き合いが圧倒的に多い当社にとっては、工場建設は IMO 決議以前の必然の選択ではありました。さらに当社の大目標である年間6隻建造という体制作りには工程遵守が必須であり、そのための設備投資でもありました。

新・研掃工場

ブロックの塗装処理の流れとしては、まず管・電気・鉄艤装取付といった先行艤装を行った後養生し、研掃工場に搬入、ブラスト処理を行います。そして塗装前の検査を受けた後搬出、塗装工程に移るわけですが、迅速な搬入搬出も工程時間削減の大きなポイントとなります。幸い既設の全天候型ブロック工場の脇にスペースの余裕があり、搬出搬入に最も効率のよい場所に建設することができました。

現在は主としてバラストタンク部でフル稼働していますが、今後は機関室や居住区などの他、大物艤装品のブラスト処理も手がけてゆきたいと考えています。

ともあれこの研掃工場の完成は、国内の同規模造船会社の中ではもちろん初であり、常に世界に向け情報のアンテナを張り巡らせている旭洋造船らしい時代の先取りであったということができると思います。これからも常に一歩先行く旭洋造船にご期待ください。

[2006/07/11]

< Previous Post Post 269 / 330 Next Post >
2023
2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
コンテナ船
ガス運搬船
冷凍船
セメント船
球状船首
Builder of Advanced Merchant Ships

KYOKUYO SHIPYARD CORPORATION

〒752-0953 山口県下関市長府港町8-7
© 2002-2024, Kyokuyo Shipyard Corporation