NEWS

20年以上にわたって記録している旭洋のライフログ。わたしたちはこういう造船所です。

QUICK FILTER

造船
企業
人間
下関
造船
企業
人間
下関
造船
企業
人間
下関
造船
企業
人間
下関
造船
企業
人間
下関

LATEST NEWS & ARCHIVE

NEWS 160 : 若手研修会 旭洋造船で開催

内航大型船輸送海運組合

2012年11月27日、国内大手内航海運会社26社で組織されている、内航大型船輸送海運組合の若手研修会が旭洋造船で行われました。この研修会は内航構造改善事業の一環として毎年開催されており、本年度は下関・北九州地区の海事関係施設をということで、旭洋造船に造船部門の候補として依頼があり快諾、実現したものです。

内航大型船輸送海運組合・若手研修会@旭洋造船

この日の午後、会場である新社屋3階の研修室には、大型バスで到着した組合員各社の将来を担う若手社員の方26名が集合、1時間30分で研修から工場見学までというタイトなスケジュールのため、名刺交換もそこそこに研修は始まりました。

内航大型船輸送海運組合・若手研修会@旭洋
内航大型船輸送海運組合・若手研修会@旭洋

まず弊社越智社長よりご挨拶。研修の場として旭洋造船を選択していただいたことへの謝意、そしてこの研修で旭洋造船の良さを知ってもらい、将来的に当社での内航船建造や修繕のご検討をいただければとのPRで締めました。

続き、吉田新造船営業部長が造船事業について説明、シップ・オブ・ザ・イヤー2010大賞を受賞したS493番船CITY OF ST.PETERSBURGの球状船首について三井専務が開発秘話を、そして、その球状船首工作方法について福島常務が苦労談を述べ、質疑応答に移りました。さすがにS493番船には諸氏も興味深々、活発な質問が飛び交っていました。

内航大型船輸送海運組合・若手研修会@旭洋
内航大型船輸送海運組合・若手研修会@旭洋

研修終了後は工場見学、最後に新造船ドック前での記念撮影を終え、若手社員の方たちはバスで次の目的地に向かわれました。後日の感想では、研修内容が充実していたことや、旭洋造船の造船能力に対し、お誉めの声を多々いただいたようで非常に嬉しく光栄に思います。ありがとうございました。

[2012/12/17]

< Previous Post Post 158 / 326 Next Post >
2023
2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
コンテナ船
ガス運搬船
冷凍船
セメント船
球状船首
Builder of Advanced Merchant Ships

KYOKUYO SHIPYARD CORPORATION

〒752-0953 山口県下関市長府港町8-7
© 2002-2024, Kyokuyo Shipyard Corporation