NEWS

20年以上にわたって記録している旭洋のライフログ。わたしたちはこういう造船所です。

QUICK FILTER

造船
企業
人間
下関
造船
企業
人間
下関
造船
企業
人間
下関
造船
企業
人間
下関
造船
企業
人間
下関

LATEST NEWS & ARCHIVE

NEWS 293 : 環境問題、まずは足もとから

日本財団「海ごみゼロウィーク」一斉清掃に参加

2022年6月9日(月)、晴れ渡る青空の下、当社社員22名にて、下関市内海岸の清掃活動を行いました。

2022海ごみゼロウィーク清掃活動 - 旭洋造船

この活動は、「海ごみゼロウィーク 2022」の一環として行いました。「海ごみゼロウィーク」は、日本財団の「海と日本プロジェクト (CHANGE FOR THE BLUE)」と環境省が共同で実施しているもので、増加し続ける海洋プラスチックごみをはじめ、さまざまな海ごみ対策を目的とした、全国一斉清掃キャンペーンです。我々は海を舞台とした製品のメーカーとしてこの活動の趣旨に賛同し、参加させていただきました。

さあ、清掃実施場所である下関市垢田の海岸に集合し、「海ごみゼロウィーク2022」の開幕です。各自一斉に海岸沿い、砂浜、草むらにある海ごみの回収を行いました。ペットボトルを始め、空き缶、プラスチックごみ等々、思いのほか多種多様な海ごみが回収され、海洋ごみ問題は、身近に迫った問題なのだと改めて実感させられました。そして清掃活動を開始して約一時間経過。可燃物・不燃物合わせて30袋の海洋ごみの回収となりました。

2022春「海ごみゼロウイーク」清掃活動
2022春「海ごみゼロウイーク」清掃活動
2022春「海ごみゼロウイーク」清掃活動

グローバルに拡大する海洋プラスチックごみ問題は、気候変動に続く地球環境課題であり、海洋ごみの約8割は、陸(街)で発生したものが川を伝って海に流れ出たものとされています。海に大きな関りを持つ当社としましても、この活動は、地球の環境破壊を実感させられるリアルな体験となりました。

尚、この活動は年2回に分けて実施され、次回は2022年9月21日(水)を予定しています。

[2022/06/28]

2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
コンテナ船
ガス運搬船
冷凍船
セメント船
球状船首
施設・設備
Builder of Advanced Merchant Ships

KYOKUYO SHIPYARD CORPORATION

〒752-0953 山口県下関市長府港町8-7
© 2002-2022, Kyokuyo Shipyard Corporation